2016年10月25日

鳥取県中部地震 被災地より







2016年 10月21日(金) 14時7分ごろ、
鳥取県を震源としたマグニチュード6.6 最大震度6弱という大変大きな地震が地元を襲いました。

なんとこのブログも被災地から余震が続く中での更新となりました。

見慣れた風景が無残な姿に‥。

倉吉市の白壁土蔵群をはじめ、
文化財も大きな被害を受けています。


全国区のニュースで、
よく知っている自宅近くの施設が避難所として映っていました。

まさかここまでの災害となるとは‥。

命が助かっただけでも幸いでしたが、
地震発生当時はキャスター付きの椅子に座って仕事をしていました。

正午過ぎに震度4くらいの、
それなりに大きな地震がありました。

その二時間ぐらい後に凄まじい轟音を伴って縦揺れが襲ってきました。
何かのアトラクションに乗ったような感覚でしたが、
衝撃で自分も吹き飛びました。

昔から【地震が来たら机の下に隠れる】という教訓がありますが、
これは役に立ったと思います。

停電となり、
会社構内は一時騒然としていました。

無意識に自分は「落ち着いて!!」と叫んでいましたが、
とにかく避難しました。

その後も現在までに数百回は余震が続いています。

防災ヘリや、
パトカーの巡回も頻繁ですが今のところはライフラインも復旧しています。

とにかく命が助かっただけでも本当に幸いでした。

全国の皆様から救援物資や暖かい支援をいただいております。
本当に心から感謝しております。

まだ、あの時と同じくらいの地震が発生する可能性があるようです。
幸いにも自宅で余震が続いている以外は、
今のところは震災前の生活ができております。

交通網が打撃を受ければ地域経済もかなりの損失が出ますが、
幸いにも交通網は今まで通りの状態です。

一部亀裂が入って通れない道路もありますが、
普通に道路も車で走れます。

避難所で過ごしておられる方も不安でしょうが、
とにかく前を向いて進んでいくしかないと思っています。

テレビで災害が起きるたびに案じていましたが、
まさか自分が同じ立場になるとは考えもしませんでした。

過去にも鳥取県西部地震や、
阪神大震災の時もかなりの揺れでした。

今回は震源でしたし、
過去に経験した地震の何倍もの揺れでした。

とにかく命が助かったことに感謝するしかないです。
今回の鳥取県中部地震でも人為的な被害が出ています。

ひょっとしたら自分も死んでしまったかもしれません。

そう考えると本当に助かって良かったです。
やっぱり自分の身は自分で守るしかないんです。

本当に自分の命がかかった場面になってみて痛感しました。

この経験は生かさないといけません。
物が倒れたりして防げた被害も多々ありました。

年数が経てば風化していくのは避けれません。

鳥取県でも過去に大変な災害がありましたが、
やっぱり忘れた頃に災害はやってくるんです。

自然の力って凄いですよね、
人類が何十年・何百年かけて築いたものをほんの一瞬で破壊してしまいます。



今回の体験を肝に銘じて自分も今後も生きていきたいと思います。

何気ない日常を過ごせている事 ‥

やっぱりこれが一番幸せなんです。
posted by ヒロろぐ at 22:40| Comment(0) | 時事/ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする