2016年04月13日

YouTube動画が完成しました!


お世話になります。
今日も元気な管理人です。

いつもご覧になり有難うございます。

Net RadiのYouTube動画が完成しました!





稼げる情報を ”クリエイト” する。




posted by ヒロろぐ at 22:17| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

Gメールのエイリアス機能について

お疲れ様です。
管理人です。

今日は知っていると得をする大変便利な機能として
「Gメールのエイリアス機能」について説明します。

まず、
アカウントとドメインの違いについてですが
メールアドレスではご存知の通り@(アットマーク)が付いています。

(例)
test123@gmail.com

アカウント → 「test123」
※@より前側

ドメイン → 「gmail.com」
※@より後側



となります。
迷惑メール対策として「ドメイン拒否」というワードをよく耳にします。

これはドメインを指定して、
どんなアカウントのアドレスが入ってきても受信できないようにしています。

※ドメインは自由に変更はできません。

※アカウントはユーザーが自由に何度でも変更できます。
(重複している場合は不可)

ソフトバンクやauやドコモのスマホはメールアドレスを自由に変更できますよね。
ドメインの部分「softbank.ne.jp等」は変更できませんのでご理解頂けるかと思います。


Googleが無償提供している「Gメール」では、
「エイリアス機能」という大変便利な機能が使えます。

エイリアス(alias)には別名とか別称なんていう意味があります。

※例えば前述のアドレスを使っていたとします。

Gメールでは、
アカウントに入っているピリオドは認識されないという特徴があります。

例えば、

① test123@gmail.com

② t.est123@gmail.com

③ t.e.st123@gmail.com

この三つのアドレスは全く同じものとして処理されます。



順序としては、最初に①のメールアドレスを最初に作ります。

①のメールアドレスを使ってサイトへ登録します。
サイトからのお知らせ等はもちろん①のメールアドレスへ届きます。

※②や③のメールアドレスでサイトへ登録したとします。
サイトからのお知らせ等は①のメールアドレスへ届くという事です。

※どんなエイリアスでメールアドレスを作っても、
メールを受信するときは全て①のメールアドレスに届きます。

(注意)
アットマークの前にピリオドを入れたり、
ピリオドの連続して使用はできないです。

X test123.@gmail.com
X t..est123@gmail.com


うまく使えば一つのメールアドレスでかなりのメールアドレスを作れます。

多くなって来たらメモ帳などに残しておかないと、
何のサイトにどのアドレスを使ったか分からなくなります。


覚えておいて損はない情報です。
活用してくださいね!!




posted by ヒロろぐ at 10:50| Comment(0) | 知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YouTube / ブログ 何故WEBサイトが荒れるのか?


おはようございます。
エメラルドマウンテンを飲んで記事を書いている管理人です。

缶コーヒーよく飲みますよ😃



今回は「荒れる」という事について考えてみたいと思います。
「炎上」なんて呼ばれ方もしますね。

ネット上の専門用語ですね。
※まず大きく分けて「荒れる」には二つあると思います。



一つ目ですが、

これは特に詳しく説明は不要かと思いますが、
WEBサーバーに負荷がかかって、
サーバーが落ちてしまう(停止してしまう)ような状態のことを指します。

瞬間的にアクセスが集中して、
例えばブログならブログへアクセス自体ができなくなったりもします。

管理人の考えですが、
逆に言うと「トレンドを良く掴んだな」と思います。

例えばブログで荒れるという事は
1つの記事に対して興味を持ってもらえて、
活発にコメント欄が活用されているという事になります。

アクセスが爆発すれば、
コメント → 更にコメント → 更に更にコメント


このように都度都度アクセスが上がっていきます。
YouTubeも全く同じです。
動画に対してコメントできますよね。

同じ考えで良いと思います。

このように、
管理人はブログは「コメント活性化の場」であると考えています。
YouTubeも全く同じように考えています。

YouTubeはGoogle Adsenseで稼いでいくのがメインです。
YouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる方々の動画を観てみると、
頻繁にコメントが投稿されております。

それだけアクセスがあるという事ですから、
動画の再生回数が何万回・何十万回となると
収益が上がらないわけありません。

ユーチューバーの皆さんが何故稼げるかというと
実は上記のような理由があるんです。

人気ブロガーも同じです。

読者のコメントに返信が来たりもします。
返信を確認するためにまたWEBサイトを確認します。



また返信する‥


また確認する‥


‥このような仕組みでどんどんアクセスが上がっていくわけです。




SEOはコメントで引っかかったりもします。

うまくコメント欄が使われるような仕組みを作れば
アクセスは必ず上がってきます。


※ただ、芸能人などの著名な方は少し違うと思います。
タレントさんはある程度の知名度がありますよね。

よくテレビ番組でも「タレント●●さんのtwitterが炎上」なんて記事を観ます。

管理人から言わせたら、

「アンタなにやってんの?」

です。


BLOG ・ twitter ・ Instagram ・ YouTube
など、政治家やタレントがIDを持ってはいけないという事はもちろんありません。

著名人はある程度のアクセスが確保されています。
スキャンダル的な発言をしたりして、

サーバーが落ちてしまうこともあります。

どちらにして、
サーバーに負荷を掛けるという事は他の方へ迷惑を掛けることにもなります。

要するに「他の方のブログに影響する可能性もある」という事です。

前述の通り著名人以外でこのような事態に陥ったときは、
もちろん運営会社には迷惑を掛けますが
逆に考えたらアクセスを稼ぐポイントを掴んだという事なので
「よくそんな記事を書けたな」と思います。



著名人は最初からある程度のアクセス巣があるので、
「そんなこと書いたらどうなるか分かっているの?」
と言ってあげたいだけですね。

炎上するのも当然という事です。

それで後から公の場で謝ったりして、
一体何がしたいのか分からない方が多いと思います。

ソーシャルメディアを使っていますので、
「過去にこんな発言をした」なんて話題も瞬間的に拡散します。

それでまた有名になりたいのでしょうか。
これはズルいと思いますよ。






二つ目ですが、
これが問題です。

要するに「爆破予告」とか第三者に危害を加えるような可能性のある
内容をWEBへ書き込むことです。

「ブラック企業」とか、
載せる必要もない他人の個人情報をWEBへ載せているような場合も該当します。

掲示板への書き込みが、
ずっと何年も放置されていたりもします。

「管理者何やってんの」という感じですね。

これが上記一つ目のような状況で使われたら最悪という事です。
WEBは特性上で、
一度載せた記事とかは完全には消去できないのです。

誰がコピーしているかわからないし、
印刷されて保管されているかもしれません。

ですから、
「WEBへ載せたら最後」という認識でいないといけませんね。
 
‥ 


「なぜメールアドレスをWEBへ載せてはいけないのか?」
「LINE IDならWEBに載せても大丈夫だと思う。」


‥こんなことを言っている人はWEBを使う前に基礎から覚えたほうが良いです。
子供達には大人が教えてあげないといけません。


きちんとマナーを守ってWEBを使っていれば何の問題もないわけです。
一部心無い利用者がいますから、
どうしても「インターネット」というものに対してイメージが悪くなってしまうんですね。





posted by ヒロろぐ at 08:32| Comment(0) | アフィリエイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする