2016年02月27日

仮想通貨(暗号通貨) 貨幣として認定へ

どうも!

TLC(Tlue Life Coin)を持っている管理人です。
クラブスパークル初のTLCって凄いですよね。

新時代を切り開く暗号通貨の登場です!


本当に私みたいなただの一般人が億万長者になるチャンスがあるんです!
人生に一度有るか無いかですよ。

宝くじで1等を当てるのは狙っても無理ですよね。

同じくらいのお金を得る方法があるんです!!
詳しくはこのページの下部をご覧下さい。




さて、
暗号通貨(仮想通貨)についてですけど、
皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。


ほとんどの方が【怪しい】とか、
危ないイメージをお持ちだと思います。

そんなイメージばかりを持っているのは
世界的にみても日本人に多いんだそうです。

実は仮想通貨って800種類くらいあるようでして、
意外と種類があるんです。

私もですけど知らないだけなんですね。

一番有名なのが何を隠そうあのビットコインです。






今回金融庁から仮想通貨を正式に貨幣として認める発表がありました。
(イコール日本政府が認定したという事です)

人類は紙幣と貨幣で通貨を作りました。
大昔は例えば貝殻もお金だったようですが、
現在は日本の通貨は「円」で種類は紙幣と硬貨です。

そこに今回「暗号通貨」が加わります。

呼び方をどうするのかな??

暗号通貨??
仮想通貨????

(にほん / にっぽん みたいな感じかな)


…どっちも同じ意味ですけど、
新たな種類のお金ができるのは間違いないです。



政府はこれからインフラを整備していくでしょうし、
2016年は暗号通貨 元年になりました。

ビットコインの価格が急上昇したときはニュースでも度々見かけました。

これからそんなことが多くなってくると思います。
ビットコインやTLC …

今後も新たな暗号通貨が出てくるでしょうから、
私達の生活に暗号通貨/仮想通貨が欠かせなくなる時代もそう遠くはないでしょうね。


会社の給料を仮想通貨でもらう…

冠婚葬祭の費用を仮想通貨で支払う…

公共料金 / 税金を仮想通貨で支払う…


これからはそんな事が当たり前になるかもしれませんね!


■P.R.
クラブスパークル初!

TLC(True Life Coin)が世界を変える。

TLC(True Life Coin)が貴方を変える。




posted by ヒロろぐ at 23:26| Comment(0) | 時事/ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問い合わせ対応時の注意!!

どうも!!

自宅のコンポが壊れてしまった管理人です。
17年くらい使いました。

そう言えばMDってもうありませんよね。
カタカナで曲のタイトル入れていましたね。

懐かしいです♪

最近の若い人は知らないでしょうね。

カーステでもMD付きなんてもうないでしょうね。





コンポを買いかえますかね…。



さて、今回は「問い合わせ」についてです。
問い合わせが来るってことは興味を持ってもらえているという事です。
あと一歩押せば商品が売れるかもしれないという段階です。

もちろん私も問い合わせ受けて説明して販売したことありますよ。


ネットビジネスの世界では必須ですけど、
SNSやブログでも訪問者さんからメールが来ることがあります。

私も毎日Gメールチェックしてますよ!

ブログとかに問い合わせがあると転送される仕組みですね。



情報商材はネットビジネスの世界では頻繁に取引されています。
「稼げる系」の商材は非常に人気ありますよね。


私も色んなジャンルの商材で、
気になるものがあれば問い合わせとかしています。



法律で「特定商取引に関する表示」が義務付けられています。
もうこれは皆さんご存知でしょう。


通販とかオンラインで販売者はきちんと販売者情報を開示する必要があるんですね。

購入者(消費者)は販売者に対して開示を求めることができます。

何の問題もないし、ごく当たり前の事です。



今回興味がある商材がありまして、問い合わせしてみました。
メールでの取引になるワケだし、

販売者情報を確認してから買うのは当たり前の事です。



そしたらこんなメールが返ってきました!

***************
お世話になります。
私の情報は下記になります。

(住所)
(氏名)
(電話番号)
(メールアドレス)

商品はpdfマニュアル124ページ
その他、必要なツール3つ
を、圧縮ファイルにしています。

しかし、今回は、買ってもらわなくても結構です。
なぜなら、私はあなたのような人間が大嫌いだからです。

どうぞ、その辺のゴミ以下の価値しかない情報でも買って下さい。

これは私からの注告です。
では、どうぞ、お幸せに。
***************


は~~!???
って感じですね。

何様なんでしょうか。
一部文章を抜いていますけど、
ほぼそのままのメールです。

私に送っているという事は他の人にも送っているという事です。

どこの誰だか分からない人が売っているものを、
すぐに買ってもらえると思っているんでしょうかね…。

あきれた販売者です。

ネットビジネスの世界って別に危なくもないし、
きちんと稼げるし別に汚れたイメージは無いと思うんです。

だけど上記のようなメールを送る販売者がいるから、
傷をつけていると思うんです。



それに、
124ページ
???

そんなマニュアルを見て購入者は理解できますでしょうか…。
販売者の貴方はもっと簡潔にできるように努力したのって感じですね。

実は3ページ位の情報かもしれないし、
見る価値も無い情報でしょうね。



とにかく、商品も問い合わせ対応も相手の事考えて行動することですね!



上記の124ページの商品の場合は、
作るのも大変です。

ただ、見るのはもっと大変です。

これでは相手の事考えているとは言えませんね。

例えば
(20ページ × 6つのpdf) … こうするとどうでしょうか??

だいぶ印象違いますよね。
こうすれば内容が分からない消費者でも、

6章あって1週間で1つ覚えて二か月かかって覚えればいい!!

とか色々と事前にシュミレーションすることができます。




この販売者もそれくらいの配慮したらどう??
って感じですね。

もっと勉強して来いという感じです。
私なら上記のようにして売ります。

今回124ページで5千円でしたけど、
私なら分割して20ページで1つの商品を5千円で売ります。
そうすれば6回も売れます。
本当に内容の濃い商品なら儲けが6倍になります。

販売する以上儲けないといけませんから、
このような売り方もできます。




メール対応は最低でも次の日には返信すべきですね。

1時間以内に返信とか、
そんな事は現実的じゃないんで無理してまでやらなくてもいいですが、

とにかく「マナー」というのがあります。


「もしよかったらお願いします」

とか、
下から下から行くのが問い合わせ対応を上手く進めるコツですね!

ラベル:ブログ SNS twitter line
posted by ヒロろぐ at 22:39| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする